不動産投資の注意点を知ろう|失敗を防ぐ方法

築年数は収益力に影響

ガイダンス

家賃相場の見直し

築年数が古い中古物件の購入することが、不動産投資の失敗に繋がることがあります。不動産投資は数年で終わる投資ではありません。ほかの投資方法と比較しても長期的に行う投資です。そのため現段階では築年数の問題はなくても年数が経過すれば築年数は古くなります。新築で購入しても十数年経過することで劣化は始まりますが、中古物件であればなおさらです。そして築年数が経過するとそれに比例して収益力も低下します。改善方法は家賃相場の見直しです。賃貸情報に詳しい管理会社であれば、適正な物件賃料の相談にも応じてくれます。入居者を募集しやすい金額提示に変更する事で空室のリスクは抑えることができます。不動産投資の失敗を未然に防ぐためには管理会社の選定も重要です。

リノベーションも方法

不動産投資ではローンが長いとその分収益力が低下している時期が長くなります。家賃は一定ではなく、どんどん下げる必要があります。損益分岐点を超えない状態でローンを支払い終えることが失敗を回避する方法です。失敗する前にできることとして部屋をリノベーションすることで入居者を募ることもできます。費用は掛かるため、コストバランスは考える必要はあります。また全面的でなくてもリノベーションは可能です。目的は入居者募集になりますので、壁紙や照明、キッチンなど場所を限定したリノベーションを実施するだけでも大きな効果は生まれます。しかしこれらはあくまでも入居者需要が多い地域でないと成功しません。東京23区内など需要が継続している立地条件を考慮することが第一条件です。

Copyright © 2016 不動産投資の注意点を知ろう|失敗を防ぐ方法 All Rights Reserved.